2008年04月27日

TENORI-ON日本でも発売へ。

ヤマハは4月25日、新コンセプトの電子楽器「TENORI-ON」を専用サイトにて5月12日より発売することを発表した。価格は12万1000円。ロンドンなどで先行販売され、話題を呼んでいた新世代楽器の全貌が明らかになった。

CNET JAPAN
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20372192,00.htm


先日観に行ったコーネリアスのライブでも使われていた、今注目の新しい楽器TENORI-ON(テノリオン)。
日本でも発売になります。
YouTubeにデモ動画がアップされているのでご紹介。



音と光で様々な表現が可能なTENORI-ON。
楽譜を読み、楽器を演奏するという従来の音楽とは全く違う新しい音楽です。
そして、パソコンを使ったエレクトロニカ系音楽とも一線を画するもの。
以前に開発者の岩井俊雄氏のインタビューを読んだことがあるのですが、なかなか興味深い内容でした。
僕が特に注目した一節を抜粋。

「現在もっとも使われている楽器はPC。サンプリングなどでどんな音でも 出せるが、これには楽器の形としての必然性は存在しない。アンチアコース ティックとしては面白いムーブメントだが、全部これになってしまうのは面 白くない」

僕は子供の頃から楽器を習い、音楽に親しんできました。
数年前にオリジナルの音楽を追究する為にパソコンを使った音楽制作を始めました。
上記抜粋記事にもありますが、僕がパソコンを使うようになったのも、アンチアコースティックという意味合いがあって、新しい可能性を模索するためです。
子供の頃から音楽をやっていたので、なおさら新しいものに対する憧れと興味がありました。
しかし、これも上記抜粋記事にありますが、今、音楽制作で最も使われている楽器はパソコンです。
しかも、パソコンは汎用機ゆえに音楽制作に最適のインターフェイスを持っているとは言えず、非常に使いづらいです。
パソコンで音楽を作るようになって楽器の凄さを再確認しました。

パソコンは楽器としては使いづらい。
しかし、デジタルというテクノロジはとても有効。
そうすると、新しいインターフェイスを持ったデジタルデバイスに興味が移るのは必然です。
これも先日のコーネリアスのライブで使われていましたが、KORGのKAOSSILATORも新しいインターフェイスを持ったシンセでとても興味深い。

この10年は、パソコンの性能が飛躍的に進歩し、それに合わせてソフトウェアも進化してきました。
ソフトシンセやソフトサンプラが沢山開発され、今までにない機能を音楽家に与えることに成功しました。
しかし、上記のとおり、パソコンを楽器として使うのは限界があります。
汎用機ゆえに爆発的に普及し、また、汎用機ゆえに限界がある。
そして、とうとうその限界がきていると僕は感じます。
はっきり言って、僕は今ソフトウェアに興味がありません。
新しいハードウェアに興味があります。
僕が個人的にそう感じていた時に、TENORI-ONやKAOSSILATORといった新しいハードウェアが登場したのは偶然なのでしょうか?
これは僕だけではなく、多くの音楽家、特にデジタルを使って音楽制作をしている音楽家が感じていることなのではないかと思います。

僕の感覚と時代の感覚がリンクしているようにも感じれれ、TENORI-ONは注目せずにはいられない楽器です。

posted by daemonjob at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

次世代携帯電話。

2010年ごろにスタートする次世代携帯電話サービスでは、利用者が一つの端末で好きな携帯電話会社を選べるようになりそうだ。

YOMIURU ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080331-OYT1T00021.htm

少し先の話です。
2010年頃に実現しそう。
現在、携帯電話会社は電機メーカーに自社向けの携帯端末を作らせており、利用者は端末で携帯電話会社に囲い込まれる形になっています。
次世代携帯電話サービスではこれらの制限がなくなり、携帯電話会社と端末を自由に選ぶことが出来るようになります。

去年に携帯電話会社から販売代理店に支払われていた販売奨励金を見直すという決定があり、2008年度から段階的に実施されていきます。
お金の面でも端末と通信サービスが独立する方向で変化しています。

こうなると、端末を開発するメーカは携帯電話会社に縛られる事無く自社の製品を使ってもらえるので、魅力的な製品を開発すれば大きな利益が見込めます。
利用者も、自分がどこの携帯電話会社と契約していようと、好きな端末を使うことが出来るようになります。
携帯電話会社は上記のように、端末で契約者を囲い込むことが出来なくなるので、サービスの質を向上させることに専念することになります。
より一層のサービスや料金のさらなる値下げが期待出来ます。

米AppleのiPhoneのような人気のある端末ががどこの携帯キャリアから出るのか?なんてことが問題にならなくなります。

すごく楽しみ。
posted by daemonjob at 22:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

ニコ動とJASRACが包括契約締結。

CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20370556,00.htm

先日、YouTubeとJRCとの包括契約のニュースを取り上げました。
それに関連したニュースがあったのでご報告まで。
内容はYouTubeのケースと大体同じで、JASRACが管理している楽曲を演奏したり歌ったりした動画をアップロードすることが可能になるとのこと。
詳細はリンク先をご参照下さい。
posted by daemonjob at 22:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

始まりと終わり。

今日から新年度です。
年度末のライブレポを以下に。

2008年3月28日
X JAPANの復活ライブ初日。
いや〜、
やっぱりX JAPANは甘くないっす。
まさかの開演2時間20分押しの大アクシデント発生。
なんか、機材トラブルだったらしいのですが、準備が遅れて開演もそうですが、まず中に入れない。
開場も2時間以上遅れたので、ずっと外で待つ事になりました。
いざ始まったものの、時間制限のため当初予定されていたプログラムを大幅に省略した内容になってしまい、残念でした。
10年振りの復活ということで期待が高かっただけに消化不良ですが、生でX JAPANを見る事が出来た事は自分にとっては大きな体験でした。

豪華なステージに派手なライブパフォーマンス。
Silent JealusyやArt of lifeといった大作を演奏し、ドラムセットを豪快に破壊した後ガッツポーズをかますYOSHIKIの姿に、昔を思い出しました。
ああ、こんな感じだった…って。
十代の頃にX JAPANに夢中になっていた頃。
自分が何を望んでいたのか、何をやりたかったのか、いろいろ思い出すきっかけになるライブでした。
とにかく全てが破格で常識を超えていて、天井知らずのバンドです。
ドラムを叩くYOSHIKIの姿を肉眼で確認出来た事が何よりの収穫。
目の前に(と言うにはちょっと距離がありましたが…)自分の憧れの人が居るというのは、やはりなかなか迫力があるものです。
書きたいことは一杯ありますが、もの凄く長くなってしまうのでこの辺で。
X JAPANの活動はしらばらく続くそうなので、運が良ければあと一回くらいは観る事が出来るでしょうか。
楽しみにしています。

30日。
THE CORNELIUS GROUP 
“ULTIMATE SENSUOUS SYNCHRONIZED SHOW”

30日は東京国際フォーラム ホールAでコーネリアスのライブでした。
ホールでやるのは久しぶりとのこと。
ロビーにKORGの展示があって、KAOSSILATORのデモが行われていました。
KAOSSILATORは鍵盤の替わりにXYパッドをインターフェイスに採用した新しい形のシンセサイザで、新しいものに敏感なミュージシャンの中では早くも熱い注目を集めている製品です。
僕も欲しいですね。
そういうものが展示され、お客さんの反応も良いところがコーネリアスのライブらしいというか、やっぱりこういうのが好きな人が多いのでしょうね。
今回のライブでちょっと面白かったのが、演奏中の撮影が許可されたこと。
普通は著作権の問題などで録音や撮影は禁止されるのですが、フラッシュをたかなければOKというアナウンスがありました。
残念ながら、僕は演奏中はステージに集中していたので写真は撮っていないのですが、ケータイやネットの時代の今、ある程度オープンにしたほうがファンにとって良いと判断したのでしょう。

ライブの模様はなんというか、こちらはX JAPANとは打って変わって和やかな雰囲気。
座席に座って見てましたし。
途中で小山田氏が客をステージに上げてテルミンを演奏させたり、ラストはステージを降りてKAOSSILATORを客に触らせてバック演奏に混じって音を出させるようなパフォーマンスもあって面白かったです。
前述のとおり、KAOSSILATORはXYパッドを触ることで音を出すシンセなので、誰でも簡単に面白い音やフレーズを出せます。
他にも面白い事は沢山あったのですが(映像と演奏の高度なシンクロとか)長くなるので割愛。
最後に一つだけ。

今回、KAOSSILATORがフィーチャーされていましたが、もう一つ新しい電子楽器を使ったパフォーマンスがありました。
TENORI-ONという、メディアアーティストの岩井俊雄氏とYAMAHAが6年の歳月をかけて作り上げた新しい形の電子楽器です。
簡単に言うと、16x16のボタンが配置されているステップシーケンサのような電子楽器で(かなり簡単な説明です)、ボタンを押すとそこが光るので、盤面でかんたんな文字や絵を描いたりも出来る。
そして、そこで描いたとおりの音楽が演奏されるという今までにないもの。
実は僕は、昔このTENORI-ONのプロトタイプを見た事があって、注目していました。
その頃はタマゴッチかケータイくらいのサイズだったような…。
手乗りっていうくらいですからね。
今ある完成品はもっと大きくて、両手で持つパネルっていう感じですけど。
TENORI-ONとKAOSSILATORを使ったパフォーマンスをやってくれて、僕はとても興味深く観させてもらいました。

先日行った池田亮司のライブの時に、このTENORI-ONのイベント告知のチラシがありました。
入場無料なんですけど、抽選の招待制なんですよね…。
僕は申し込んだので、当たったらまたレポートしますね。

と、いうことで…。
X JAPANのライブもコーネリアスのライブも僕にとってとても有意義なものでした。
X JAPANで初心を思い出し、コーネリアスでこれからの方向性が見えてきたという感じ。
せっかくだから、何かやりたいな。
まあ、それはずっと思っていることなんですけどね。
posted by daemonjob at 01:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。