2008年08月05日

iPhone3Gの料金が改訂されました。

ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)は、7月11日の発売以来ご好評をいただいている「iPhone(TM)(アイフォーン) 3G」(アップル社製)を、より幅広いお客さまにご利用いただけるようにするために、パケット通信料定額サービス「パケット定額フル」※1をご利用パケット数に応じて変動する2段階定額制(1,695円〜5,985円)に改定し、2008年8月ご利用分※2より適用開始します。これにより、iPhone 3Gが最低月額料金2,990円でご利用いただけるようになります。

ソフトバンクモバイル
http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2008/20080805_02/index.html

CNET JAPAN
iPhoneの月額通信料金、2990円からに--「パケット定額フル」が2段階定額に変更
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20378374,00.htm

iPhone購入の際に条件になっていたパケット定額フルというデータ通信用のサービスが、当初は月額5,985円固定で通信使い放題という内容だったのですが、この改訂により1,695円から5,985円までの従量制になりました。
1パケット0.08円で、5,985円以上のパケット代は取られません。
いくらつかっても最高で5,985円です。

これにより、パケット定額フルやホワイトプランなどで月額使用料は2,990円からiPhone3Gが利用出来るようになります。
もっとも、これは使用料の話で、機種代金の月賦支払いが別途かかります。
僕は16GBモデルを買ったのですが、このモデル機種代金はスーパーボーナス適用で月1,920円の24回払い。
ネットで調べたら、8GBモデルの機種代金はスーパーボーナス適用で月960円だそうです。
そうなると、最安は8GBモデルで機種代金込み月3,950円。
その他、今回の改訂でソフトバンク同士の通話が1時〜21時まで無料。
メールは携帯電話会社(宛先)を問わず送受信無料になるそうです。
結構詳しく書きましたけど、確認のため詳細は上記リンク先までお願いします。

当初、パケット定額フルが5985円固定で、それに加入することがiPhone3G購入の条件だったので、その割高感に抵抗を感じた人は多いと思いますが、発売一ヶ月を待たずして料金の改訂です。
もっとも、あくまでも最低使用料ということですので、ここから使った分だけ払うということなので、結果的にはそれ程支払いに違いはでないのかな?とも思います。
今回の改訂は、ほんの少しだけ使えれば充分とか、試しに使ってみたいといったライトユーザにとっては嬉しいと思います。
ネットをガンガン使っちゃうヘビーユーザにはそれ程変わらないでしょうね。

個人的には今回の改訂は大変嬉しいです。
僕はもともと、とりあえず使ってみたい派でしたので。
最初の計画としては、ネットは極力節約して、あの斬新なユーザインタフェイスに触れてみたい、iPodとケータイを一つにまとめたいと思っていました。
使用料その他iPhone契約の詳細が公表された時は、値段の高さに驚き、一回は諦めようと思いましたが、半ばやけくそ気味で契約しました。
今回の改訂は、当初の僕の計画に近い形で利用出来るようになるものなので嬉しいです。
posted by daemonjob at 21:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

そう言えば…。

iPhone_3.JPGiPhone_2.JPGiPhone_1.JPG

mixiのほうで書いたのですっかりこちらでも書いた気になっていました(汗)。
遅ればせながらご報告。
iPhone3G買いました。
しかも発売当日に。
しかもほとんど並ばずに…。
しかも家から最寄りのソフトバンクショップで……。

発売日前日にショップに問い合わせたら、10台入荷する予定があり、当日は整理券を配って抽選になるとのことでした。
外れる危険性があるものの、抽選なら行列に並ばなくてよいし、家から近いし、ここでダメなら諦めようということで当日そこでチャレンジしたら運良く当選してしまいました。
まだ一ヶ月経っていませんが、使い方にも慣れてきて楽しいiPhoneライフを送っています。

注目される製品だけに、ネットでは賛否両論巻き起こってますが、個人的には快適に使っています。
不満があるとするなら電波が弱いこととバッテリの消耗が激しいことくらい。
っていうか、この2点がなかなか致命的なわけですが…。
アプリの挙動が不安定だったり、まだ改善の余地があるでしょうが、とにかく手に入って嬉しいです。



さてさて、早速というほどではありませんが、App StoreでダウンロードしたAppをご紹介。
Moonlight Mahjong LiteというAppで、これは有料版のMoonlight Mahjongのお試し用なのですが、無料でダウンロード出来るものです。
Youtubeの動画をみてもらえば判りますが、人気パズルゲーム「上海」の3Dバージョンといった感じのゲームです。
iPhoneのマルチタッチスクリーンを非常に良い形で利用した操作性で、iPhoneの操作全般に慣れるという意味でも役に立つAppだと思います。
最初、つい夢中になって、本体を持っている左腕が痛くなってしまいましたふらふら

と、言うことで、また何かあったらこちらでも取り上げます。
今日はこんなところです。

posted by daemonjob at 22:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

押井守最新作「スカイ・クロラ」を観ました。

sky_crawlers.jpg

昨日ですけど、押井守監督の最新作「スカイ・クロラ」を観て来ました。
映画の存在を知ったのはもう一年半くらい前になるでしょうか。
待望の封切りを迎え、早速観に行ってきました。

待った甲斐がありました。
でも、上手く言葉になりません。
単純に面白かったという感じでもないし、良い映画だったというのも違うし…。
この「言葉にならない」ということがとても貴重で意味のあることだと思います。
そして、痛く切ない物語でした。
生きるってこういうことなのかな、という感想を持ちました。

結構原作に近い仕上がりになっていると感じました。
全く同じではなく、映画独自の脚本にはなってますけど。
前半のゆっくりと時間が進む場面はなかなか無いんじゃないでしょうか。
普通は次から次へ場面が展開していって、観客を飽きさせないようにするものですけど。
何も無い、平凡な日常が時間をかけてゆっくりと描かれています。
戦闘シーンはとても迫力がありました。
今までに観た事がないような戦闘シーンでした。
3Dとセル画と実写が混ざったような独特の質感ある映像でした。
そうそう、日常のシーンは2Dのいわゆるアニメーション的な質感で、戦闘シーンになると3Dになるんですよね。
違いがハッキリ出ていて、演出として意図的にやっているというのが面白いと感じました。
普通は相容れない画質のものを両方使おうとはしませんけどね。
空中は3D地上は2Dという違いが面白かったです。
こういう使いかたもあるのか、と思いました。
あとは音がとても良かったです。
前にも書きましたが、押井監督は音や音楽をとても大切に考えている監督なので、効果音やサウンドトラック、主題歌も見どころ(聴きどころ)です。
「攻殻2.0」同様、ルーカスのスカイウォーカーサウンドでの音作りがされています。
正確に言うとスカイ・クロラのほうが攻殻2.0より先に音響の作業をしたのですけど。

映画のテーマやメッセージなどはこれからゆっくりと考えていくことになるのでしょう。
一回観ただけで終わりっていう映画ではないので。
観たばかりの今はあまり語れない。
正月にみたニコラス・ケイジのナショナルトレジャーはひっくり返るくらい詰まらなかった(というか、もうコテコテのハリウッドって感じだった)のですが、やはり才能ある監督が作る作品は違います。
posted by daemonjob at 22:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。