2008年09月29日

携帯メーカー 国内飽和、海外へ 過去に失敗、慎重な社も。

 携帯電話の契約数が1億件を突破し国内市場が飽和状態となる中、携帯電話メーカーが海外市場に進出する動きが出ている。ただ過去に海外で失敗した教訓から慎重な社もあり、対応はばらついている。

CNET JAPAN
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20381043,00.htm

前のエントリにも書いたと思いますが、国内の市場はもう飽和状態ですよね。
少し前からそんなことが言われていたと思いますが、この先の国内の携帯電話メーカはどういう戦略を取るのでしょうか。

ここで問題になってくるのは、海外への対応です。
国産の携帯電話は独自の進歩を遂げたので、そのまま海外へ持っていっても受け入れられるかどうかは未知数です。
リンク先の記事にもありますが、NECとパナソニックモバイルコミュニケーションズは過去に海外進出を計画して失敗しています。
失敗の具体的な理由を僕は知らないので無責任なことは書けませんが、恐らく国内用に開発された端末をそのまま海外へ持っていっても売れないということなのでしょう。
海外でどんな端末売れるのか、リサーチや専用の開発が必要になると思います。
コストがかさむので、更なる飛躍を望んで海外進出を計画しても、リスクが大きく、そしてどのくらい儲かるか判りません。
でも、上記の通り国内の市場は飽和状態でこの先の発展は望めないので、やはり海外市場は無視出来ません。

iPhoneは直感的なインタフェイスと多言語に対応する事で、同じ端末を世界中で売ることが出来ました。
アメリカ、アジア、ヨーロッパなど地域によってケータイ文化は違うと思いますが、個々の文化に合うように作ったというより、判りやすい操作性とフレンドリなデザインでそれらの違いを克服し、同一機種を世界中で売る事に成功しました。
もっとも、正確にはまだ成功したとは言えず、アジアでは苦戦しています。
日本では思ったほど売り上げは伸びす、中国では販売すら出来ていない状況です。
少々表現が大げさになってしまいましたが、それでも単一機種をここまで売った企業は他にないでしょう。

iPhoneの製造コストはとても安いという報道を見たことがあります。
この商売上手なところは、素直に評価したいと思います。
企業として、技術力の高さや顧客を大切にする姿勢が大切なのはもちろんですが、しっかり稼いで利益を上げる事が企業の使命です。
国内メーカの海外展開の顛末はどうなるのか成り行きを見守りたいと思います。

リンク先にある円グラフですが、携帯電話の世界シェアを見ると、Nokiaが強いのは周知の事実ですが、サムスンやLG電子などのアジア勢が健闘していることが判ります。
ちなみに両社共に韓国の企業です。
そして我らが日本のSony Ericsonの名前もあります。

数年後、はたしてこの円グラフに日本企業の名前が載るでしょうか…。
posted by daemonjob at 23:02| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルチメディアの主役。

 KDDIは11月1日より、携帯電話とテレビをつなぐセットトップボックス(STB)「au BOX」を提供する。携帯電話でダウンロードした音楽を再生したり、家庭で録画した映像を携帯電話に転送できたりするほか、ブロードバンド回線につないで音楽や映画をダウンロードし、テレビと携帯電話の両方で視聴できる。

CNET JAPAN
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20380906,00.htm

詳細はリンク先を参照して下さい。
白い四角い箱型の機械で(ちょっとMac minilっぽい)、テレビに接続して使い、これがあればケータイとテレビ/ネット/音楽などを連動させて楽しむことが出来るということだそうです。
SONYがネットワーク家電を開発して、自社のパソコン/テレビ/ゲーム機などを連動させて利用出来るようにしていますし、ほかの家電メーカでも似たような製品を作っていますが、とうとう通信事業者もネットワーク家電の分野へ業種を拡大してきました。
面白い試みだと思うので興味があります。

その一方でこんな記事が

デスクトップ型PC ソニー、開発打ち切り 一体型に完全シフト
CNET JAPAN
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20380387,00.htm

SONYはディスプレイと本体が分かれている典型的なデスクトップPCの開発を打ち切り、今後は一体型パソコンのみにするという発表をしました。

かつて、家庭内におけるマルチメディアの主役はテレビでした。
テレビにビデオを繋げ近くにステレオなどを置き、テレビがある方向に体を向け映像や音楽を楽しんでいました。
Wodwos95/98の頃から家庭にパソコンが普及し、その後数年間はパソコンが家庭内におけるマルチメディアの主役に躍り出る事になります。
多数のウェブサイト/メール/音楽/映像など様々なメディアをパソコンを使って利用してきました。
それからさらに時代が進んで、地上放送のデジタル化に伴いテレビのデジタル化/BS,CS放送の発展による多チャンネル化/HDDレコーダの普及/ゲーム機の高性能化/各種ハイテク家電のネットワーク化などが起こり、ここで再びテレビがマルチメディアの主役に返り咲きそうな勢いです。
それと同時にパソコンのAV化も起こり、両者の差は曖昧になっています。

数年前に、僕はSONYのPSXを買いました。
PSXはHDD/DVDレコーダ、ゲーム、音楽と一台で様々のメディアをこなす多機能家電で面白いと思いました。
僕はこの頃から、家庭内におけるマルチメディアの主役はテレビに戻るのではないかと考えていました。
だからPSXを買ったのですが、残念ながらこの機械がその役割を果たすことはありませんでした。
PSXは不発に終わりましたが、僕の考えは間違えていなかったと思います。
もっとも、まだ決着は着いていませんが、今後ますます家電のほうが勢いをつけてくるでしょう。
パソコンは逆に頭打ちで、この先は省スペースや省エネ、割安を売りにしていかないと売れなくなると思います。
パソコンは多機能過ぎて、逆に家庭内ではあまり使い道がないという感じです。
結局、家電みたいな使い方をしている人達が多数だと思います。

前述の通りまだ決着が着いたわけではないので、この家庭内の主役を賭けた戦いは要注目だと思います。


posted by daemonjob at 00:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

GoogleのAndroid搭載携帯電話発売。

米T-Mobile、最初のGoogle Android携帯「G1」を発表
ITmedia
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0809/24/news021.html

CNET JAPAN(写真多数掲載)
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20380801,00.htm

Androidの説明をウィキペディアから抜粋。

Android(アンドロイド)とは、携帯電話用ソフトウェアのプラットフォームである。2007年11月、米グーグル社(Google Inc.)が無償で誰にでも提供すると発表して業界の話題を呼んでいる。

ということで、Googleが開発した携帯電話用のOSといったところ。
今回紹介する「G1」は端末は台湾HTC、プラットフォームは米Google、キャリアは米T-mobileの3社によって提供されます。
日本での発売は未定。
当面はアメリカと欧州のみ。

GoogleがAndroidを無償で提供すると発表したときは衝撃的でしたが、いよいよその第1号機が登場するわけですが…。
端末のデザインやホーム画面などが、なんかiPhoneっぽい…。
これでいいのか…Google……!?

ITmediaの記事中にこんなことが書いてありました。

iPhoneのApp Storeに相当するアプリケーションストア「Android Market」も提供される。Amazonは自社のMP3音楽サイトでの楽曲購入が可能(Wi-Fiアクセス時)なアプリケーションをG1向けに提供している。

これって……。

まあ、前述のとおり今回が第1号機ですからね。
とりあえず成り行きを見守るという感じでしょうか。

ただ、開発元がGoogleなだけに、同社の様々なウェブサービスをワンタッチで呼び出せるのは羨ましいです。
Googleのサービスは多彩で質が高いのでとても良いです。
iPhoneでもマップやYoutubeなどを標準でサポートし、メールもGmailをサポートしています。
これらがとても便利で、iPhoneはGoogleに助けられている部分もあります。

これはiPhoneのほうですが、こんな機能があります。

iPhoneで撮った写真をグーグルマップやグーグルアースに表示する
http://ipodtouchlab.com/2008/09/iphone-8.html

iPhoneのカメラにはジオタグという位置情報を記録する機能があります。
それとGoogleMap/GoogleEarthを使って地図上にiPhoneで撮影した写真を表示するという機能です。
僕はまだ使ってませんが、これも面白そうだしとても実用性の高い機能だと思います。
これもGoogleのサービスとの合わせ技なんですよね。
やはりGoogleは強いです。

これからAndroid搭載携帯電話はどうなるのでしょうか?
今後の展開が気になります。


posted by daemonjob at 23:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

スマートフォンとかデジタルラジオとか。

ドコモ、ソフトバンクもHTC製「Touch Diamond」「Touch Pro」発売
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0809/18/news052.html

先日イーモバイルからTouch Diamondの発売が発表されましたが、ドコモとソフトバンクからもHTC製スマートフォンの発売が決まりました。
auからも2009年にTouch Proを元にしたE30HTの発売があるという発表がありました。
HTC社大人気ですね〜。
台湾の会社なんですよね。
国内ではウィルコムの03がシャープ製ですけど、日本の端末メーカはどうしたのでしょうか?
iPhoneやBlack berryなどスマートフォン端末はほんどが外国製です。
ケータイとスマートフォンは似て非なるもので、同じレベルで論ずることは出来ませんが、じわりじわりとスマートフォンが勢力を延ばしていることは無視出来ないと思います。
前の日記にも書きましたが、ガラパゴスと揶揄されている日本のケータイ事情を見直す時期に来ていると思います。
ケータイの契約者数が1億台を超え、もうこれ以上国内での成長が見込めない今、海外市場に活路を見出すほうがが賢明だと思います。
海外製の端末が続々と日本国内に投入されいることも見逃せません。
国内の端末をそのまま海外へ売り込んではたして売れるでしょうか?
端末メーカは国内のニーズばかりに気をとられていると成長出来なくなる危険性があります。
ユーザは使いたいものを選べば良いだけですが、今のケータイが本当に使いやすいのか再考する価値はあると思います。
僕はiPhoneを使い始めて、日本のケータイもこうなって欲しいと思いました。


デジタルラジオでAMラジオのサイマル放送開始
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/41861.html

今iPhoneとau端末の2台を所有していますが、au端末のほうがデジタルラジオ対応機種で、東京在住なのでデジタルラジオを使ったことがあります。
ラジオとは言え、デジタル放送なので動画の配信も可能で、スペースシャワーTVやMTVさながらの番組をやっていて驚きました。
SSTVもMTVも有料放送ですけど、デジタルラジオは無料で見ることが出来ます。
デジタルなので音質も良いですし、データ放送も可能です。
インタラクティブなラジオ放送とかも可能でしょう。
ラジオもデジタル化されて新しい可能性が生まれました。

僕はラジオ派で、これも日記に度々書いていますが伊集院光さんのファンです。
彼は企画力がありますからね。
何か面白いことやって欲しいです。
マルチメディアのこのご時世に音声だけのメディアというのは、なんとも古い感じがしますが、情報量の少ないメディアならではの有用性や面白さがあると思います。
デジタルラジオはまだ試験放送の段階ですが、さらなる発展を期待したいです。

posted by daemonjob at 23:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

iTunesとかiPhoneとか。

ケンシロウとユリアが結婚したという、80年代に少年時代を過ごした世代には涙モノのニュースを読みましたが、今日はそれは置いておいて…。

先日行われたAppleのイベントにてアナウンスされた、iPhoneのアップデートが日本時間の今日未明にリリースされました。
僕はお昼過ぎにアップデート。
アップデート前にネットで一通り情報を集めてから作業を始めたので、トラブルもなく無事に終了。
実は、WindowsXPとiTunes8の組み合わせで、Genius機能をオンにした状態だとiPhoneとの同期が取れない(iTunesが落ちる)というトラブルが起こるのですが、事前に情報収集をしたお陰でそれは回避出来ました。
試しにGeniusをオンにしてiPhoneを繋げたら、やはり落ちました。
せっかくアップデートして、iPhoneにもGeniusが付いたのですが今のところ使えず。
ちょっと残念です。
細かいバグがかなり解消されているそうですが、目玉といえば、バッテリの消費の低減、電波表示の正確性の向上、日本語入力の安定といったところでしょうか。
Safariも落ちなくなりました。
全体的な安定性がアップしたみたいなので、この先使って行くことで今回のアップデートの恩恵を感じることが出来るでしょう。
日本語入力はかなり良くなりました。
今日、友達とメールを数回やり取りしたのですが、とても快適でした。

iPhoneのアップデートに先駆け、iTunes8のリリースがありました。
こちらも新しい機能が追加されて面白くなりました。
ここのところのアップデートはマイナチェンジ程度のものだったので、久しぶりに機能が拡張されるアップデートでした。

上に少し書きましたが、今回のiTunesではGeniusという新しい機能が追加されて、これがとても面白い。
簡単に言うと、自分が聴いている音楽と相性の良い音楽をライブラリから読み取り、自動でプレイリストを作ってくれるというもの。
選曲をサポートしてくれる機能と言い換えることが出来るものです。
それから、Geniusのもう一つの機能として、自分が選んだ曲と相性の良い曲をiTS内から探してくれて表示してくる機能もあります。
お勧め楽曲の高性能版といった感じでしょうか?
画面右端にiTS内の曲が表示され、試聴することが可能。
気に入った曲があれば、もちろん買う事も出来ます。

今では何百ギガバイトという大容量のハードディスクを搭載したパソコンが普通で、その中に何千何万という曲のデータが記録されている。
これらのライブラリを効率よく利用するには、もはや個人の記憶力のみでは限界があるかも知れません。
コンピュータが眠っている楽曲を探し出して、上手く選曲をサポートしてくれるのはとても良いアイデアだと思います。
数年前に、Appleが検索機能を強化してSpotlightという機能に結実しましたが、これもハードディスクの大容量化に対してとても良く対応した機能だと思って感心しました。
MacOSXの検索機能は速くて強力です。
今回のiTunes8でのGeniusも、とても良い機能だと思います。
単なる多機能/高性能化を推し進めるものではなくて、インテリジェンスを感じるというか、開発に思想が感じられます。
僕はこういうのが好きです。
また一つ、音楽を聴くのが楽しくなりました。

僕は未だに音楽はCDで買っているのですが、こうなってくるといよいよデータ販売に移行したようが良いのかな…と思います。
さっき少しGeniusを使ってみたのですが、とても面白いです。
面白いし、iTS内の品揃えも判って参考になります。
Geniusが勧めてくる楽曲に良いものがあって買おうかと思いました。

パソコンを初めとしたデジタルツールの可能性あるいは方向性として、人間をアシストする又はサポートするということが考えられると思います。
日本のケータイを見れば判りますが、国産の製品にはまだこういった機能がついたものは少ないと思います。
あれも出来る、これも出来る、あるいは世界最小、最軽量、最薄などがお得意ですが、それで売っていくのもそろそろ限界があると思います。
限界があると思うし、あまりインテリジェンスを感じません。
もっとスマートな製品が数多く開発されれば良いなと思います。
posted by daemonjob at 23:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

Appleのスペシャルイベント。




new_ipod_touch_1.jpgtaptap.jpg

昨日今日は過ごしやすい陽気でした。
日中もちょっと暑いという程度。
例年だと残暑厳しいなんていっている時期ですけどね。
8月後半のあり得ない寒さから結局暑さはそれほどぶり返さず。
このまま秋になってくれたら、今年は過ごしやすい夏だったということになりそうです。
日もだいぶ短くなりました。

さてさて、9日(日本時間10日未明)サンフランシスコでアップルのスペシャルイベントがありました。
新型のiPod nanoやiPod touchの発表、iTunes8のリリース、iPhone/iPod touchのOS2.1の発表など興味深い内容のものが多数ありました。

iPod nanoは縦長になって、加速度センサを搭載。
iPhoneのように横に傾けると自動でカバーフローになる機能を搭載。
本体を軽くシェイクするとシャッフルモードになるという面白い機能も。
iPod touchはNiki+iPodに対応、Genius プレイリストによる選曲が可能になるなどの機能が追加されました。
スペシャルイベントの詳しい内容は、各種IT関連ニュースにゆずるとして、
僕からは最近お気に入りのiPhone用のAppのご紹介。

Tap Tap RevengeというAppで、名前から想像がつくように、Dance Dance RevolutionのiPhone版といったところ。
上にあるYoutubeを見てもらえば判りますが、曲に合わせて降りてくるドットを指で叩いて高得点を狙うというゲーム。
音楽好きにはもってこいのゲームです。

このApp自体が無料で公開されているのですが、ゲームとして使う曲も無料で、しかも定期的に新曲が公開されるという太っ腹。
音質も良くリスニング用としても耐えられるもので、そして何より曲がとても格好良い。
国産の音ゲーだと、プレイする曲がJ-POPが多いので今イチやる気が起きないのですが、Tap Tap Revengeは曲だけで充分楽しめてしまうレベルのものばかり。
テクノやファンクなどのクラブ系の曲やジャズっぽいものもあれば、先日リリースされた曲はヘヴィメタルでした。
これも格好良くて元メタラーの血が蘇りました(笑)。
流行にも多少は気を使っているのか、ニューレイヴっぽい曲とかJusticeやKitsune(日本なら大沢伸一)みたいなロック調のテクノなんかもありました。
この辺は普段聴いている音楽に近いので、本当に「無料でイイんですか?」と言いたくなるくらい。
それから、ピックアップアーティスというのもあって、MySpaceやiTSとの連携が取れる機能もあります。
上にある写真の右側は僕のiPhoneで撮ったスクリーンショットです。
画面下側にMySpaceとかiTunesとかありますよね。
ようするに宣伝だし買わせる為の仕組みなわけですけど、上手だなあと感心しました。
商売っ気たっぷりだとしても、新しい音楽に出会うチャンスが増えるということなので文句はないです。

もともと音楽などのマルチメディアに強い会社でしたからね、アップルは。
この辺はやはり他とは違うなと感じます。
posted by daemonjob at 00:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

ニッポン放送とMySpaceとのコラボ。

さっきメールチェックしたら、MySpaceからお知らせがメールがありました。
何でも、ニッポン放送がMySpaceとのコラボ番組をやるそうで。
今晩の22時からスタートする新番組とのこと。

まあ、それはいいんですけど、その番組のMySpace内のオフィシャルページを見てみたら、聞き覚えのあるようなないような曲が…。

http://www.myspace.com/takuyag

メディアプレーヤにはBOOM BOOM SATELLITES 「WORLD IS YOURS」ってありますけど…。
聴いたことない曲だなあ。
と、思ってMySpace内にあるブンブンのオフィシャルページにあるブログ最新記事を読んだら、以下のとおりでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2008年9月4日

メディア情報
カテゴリー: Music

新ラジオ番組テーマ曲
9月8日(月)22時から始まる
AM1242ニッポン放送 新盤組「銀河に吠えろ!宇宙GメンTAKUYA」(全国21局放送)にて、

9/10発売のDVD「BOOM BOOM SATELLITES JAPAN TOUR 2008」初回生産限定盤に収録される、幻のトラック「WORLD IS YOURS」がテーマ曲に決定。


下記、チェック。
http://www.myspace.com/takuyag

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログはMySpaceのアカウントを持ってないと読めないので、地味に会員登録したことをラッキーに思ってみたり…。
サイトのほうには何もアナウンスが無かったですからね。
それはいいとして、なんでしょう…
幻のトラックってことは正規の作品としてリリースする予定なしって事でしょうか?
DVDのおまけに付けるくらいだから、そうなんでしょうね。
格好良い曲ですけど、最近こういうの多いですからね。

それにしても、MySpaceとニッポン放送とのコラボとは。
アメリカのSNSですけど、日本語環境も整備されて国内の情報も豊富です。
日本ではmixiが圧倒的なシェアを誇っていますが、MySpaceもなかなか面白いです。



posted by daemonjob at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

伊豆旅行へ行って来ました。

天気が心配でしたが、運良く晴れました。
というか暑いくらい。
あまり観光はせず、駅から徒歩20分くらいのところにある吊り橋を渡りに行ったりちょっと美味しいもの食べたりしたくらい。
あとはホテルで温泉入ってゆっくりしてっていう感じ。
あまりアクティブではありませんが、それが僕なりの旅行の楽しみ方なので満足です。

ホテルに室内プールがあって、催し物としてシンクロナズドスイミングのショーがありました。
オリンピックメダリストの藤井来夏さんという方を中心とした男性1人、女性2人の3人での演技を見せてもらいました。
藤井さんはアトランタで銅、シドニーで銀メダルを獲得されています(どちらもチーム。)
あまりスポーツに縁がないので、オリンピックメダリストを生で観たのもシンクロを生で観たのも初めてだったので良かったです。
ショーは30分ほど。
演技に入る前に藤井さんへのインタビューやメダルの披露などがありました。
そうそう、ちょっと距離がありましたがオリンピックのメダルを生で観るのも初めてでした。
残念ながらシンクロのショーは写真撮影が禁止だったので、写真はなし。
藤井さんはとても綺麗な方でした。

今回の旅行中、iPhoneが大活躍でした。
電話やメール音楽といった基本機能はもちろんのこと、電車の時刻表や料金を調べたり現地の情報を入手したりGPSを使ったり結構役に立ちました。
一部上手く動かない機能もありましたが、良く働いてくれました。

GoogleのPicasaを使ってウェブアルバムを作ってみました。
http://picasaweb.google.co.jp/daemonjob/Izukogen2008#

一番左上にある写真の上にスライドショーというリンクがあります。
それをクリックするとスライドショーとして写真を見ることが出来ます。

PicasaはGoogleが提供している写真の編集/管理ソフトで、Googleのアカウントを持っているとウェブアルバムとしてネット上で公開することが出来ます。
今回初めて使ったので詳しいことは判りませんが、Flickerみたいなことが出来るウェブサービスです。
仲の良い従兄弟に写真を見せようと思って使ってみました。
そうしたら従兄弟もGoogleのアカウントを持っていて、彼も自分の写真で作ったウェブアルバムを僕に見せてくれました。
相手にウェブアルバムを見せるのに専用のメール案内を出す事も出来て、それも良く出来ている。
これはなかなか面白いです。

これはFlashもJavaも使っていないみたいでiPhoneでも見ることが出来ました。
従兄弟からメールがあった時は外出先だったのですが、その場で見ることが出来ました。
こういうときはスマートフォンは便利だと思います。
ケータイと比べて面倒な部分も多いですけどね。
posted by daemonjob at 22:24| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。