2008年09月29日

携帯メーカー 国内飽和、海外へ 過去に失敗、慎重な社も。

 携帯電話の契約数が1億件を突破し国内市場が飽和状態となる中、携帯電話メーカーが海外市場に進出する動きが出ている。ただ過去に海外で失敗した教訓から慎重な社もあり、対応はばらついている。

CNET JAPAN
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20381043,00.htm

前のエントリにも書いたと思いますが、国内の市場はもう飽和状態ですよね。
少し前からそんなことが言われていたと思いますが、この先の国内の携帯電話メーカはどういう戦略を取るのでしょうか。

ここで問題になってくるのは、海外への対応です。
国産の携帯電話は独自の進歩を遂げたので、そのまま海外へ持っていっても受け入れられるかどうかは未知数です。
リンク先の記事にもありますが、NECとパナソニックモバイルコミュニケーションズは過去に海外進出を計画して失敗しています。
失敗の具体的な理由を僕は知らないので無責任なことは書けませんが、恐らく国内用に開発された端末をそのまま海外へ持っていっても売れないということなのでしょう。
海外でどんな端末売れるのか、リサーチや専用の開発が必要になると思います。
コストがかさむので、更なる飛躍を望んで海外進出を計画しても、リスクが大きく、そしてどのくらい儲かるか判りません。
でも、上記の通り国内の市場は飽和状態でこの先の発展は望めないので、やはり海外市場は無視出来ません。

iPhoneは直感的なインタフェイスと多言語に対応する事で、同じ端末を世界中で売ることが出来ました。
アメリカ、アジア、ヨーロッパなど地域によってケータイ文化は違うと思いますが、個々の文化に合うように作ったというより、判りやすい操作性とフレンドリなデザインでそれらの違いを克服し、同一機種を世界中で売る事に成功しました。
もっとも、正確にはまだ成功したとは言えず、アジアでは苦戦しています。
日本では思ったほど売り上げは伸びす、中国では販売すら出来ていない状況です。
少々表現が大げさになってしまいましたが、それでも単一機種をここまで売った企業は他にないでしょう。

iPhoneの製造コストはとても安いという報道を見たことがあります。
この商売上手なところは、素直に評価したいと思います。
企業として、技術力の高さや顧客を大切にする姿勢が大切なのはもちろんですが、しっかり稼いで利益を上げる事が企業の使命です。
国内メーカの海外展開の顛末はどうなるのか成り行きを見守りたいと思います。

リンク先にある円グラフですが、携帯電話の世界シェアを見ると、Nokiaが強いのは周知の事実ですが、サムスンやLG電子などのアジア勢が健闘していることが判ります。
ちなみに両社共に韓国の企業です。
そして我らが日本のSony Ericsonの名前もあります。

数年後、はたしてこの円グラフに日本企業の名前が載るでしょうか…。
posted by daemonjob at 23:02| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルチメディアの主役。

 KDDIは11月1日より、携帯電話とテレビをつなぐセットトップボックス(STB)「au BOX」を提供する。携帯電話でダウンロードした音楽を再生したり、家庭で録画した映像を携帯電話に転送できたりするほか、ブロードバンド回線につないで音楽や映画をダウンロードし、テレビと携帯電話の両方で視聴できる。

CNET JAPAN
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20380906,00.htm

詳細はリンク先を参照して下さい。
白い四角い箱型の機械で(ちょっとMac minilっぽい)、テレビに接続して使い、これがあればケータイとテレビ/ネット/音楽などを連動させて楽しむことが出来るということだそうです。
SONYがネットワーク家電を開発して、自社のパソコン/テレビ/ゲーム機などを連動させて利用出来るようにしていますし、ほかの家電メーカでも似たような製品を作っていますが、とうとう通信事業者もネットワーク家電の分野へ業種を拡大してきました。
面白い試みだと思うので興味があります。

その一方でこんな記事が

デスクトップ型PC ソニー、開発打ち切り 一体型に完全シフト
CNET JAPAN
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20380387,00.htm

SONYはディスプレイと本体が分かれている典型的なデスクトップPCの開発を打ち切り、今後は一体型パソコンのみにするという発表をしました。

かつて、家庭内におけるマルチメディアの主役はテレビでした。
テレビにビデオを繋げ近くにステレオなどを置き、テレビがある方向に体を向け映像や音楽を楽しんでいました。
Wodwos95/98の頃から家庭にパソコンが普及し、その後数年間はパソコンが家庭内におけるマルチメディアの主役に躍り出る事になります。
多数のウェブサイト/メール/音楽/映像など様々なメディアをパソコンを使って利用してきました。
それからさらに時代が進んで、地上放送のデジタル化に伴いテレビのデジタル化/BS,CS放送の発展による多チャンネル化/HDDレコーダの普及/ゲーム機の高性能化/各種ハイテク家電のネットワーク化などが起こり、ここで再びテレビがマルチメディアの主役に返り咲きそうな勢いです。
それと同時にパソコンのAV化も起こり、両者の差は曖昧になっています。

数年前に、僕はSONYのPSXを買いました。
PSXはHDD/DVDレコーダ、ゲーム、音楽と一台で様々のメディアをこなす多機能家電で面白いと思いました。
僕はこの頃から、家庭内におけるマルチメディアの主役はテレビに戻るのではないかと考えていました。
だからPSXを買ったのですが、残念ながらこの機械がその役割を果たすことはありませんでした。
PSXは不発に終わりましたが、僕の考えは間違えていなかったと思います。
もっとも、まだ決着は着いていませんが、今後ますます家電のほうが勢いをつけてくるでしょう。
パソコンは逆に頭打ちで、この先は省スペースや省エネ、割安を売りにしていかないと売れなくなると思います。
パソコンは多機能過ぎて、逆に家庭内ではあまり使い道がないという感じです。
結局、家電みたいな使い方をしている人達が多数だと思います。

前述の通りまだ決着が着いたわけではないので、この家庭内の主役を賭けた戦いは要注目だと思います。


posted by daemonjob at 00:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。