2009年01月26日

Yahoo!をCATVで配信、メディアキャストら実施へ

メディアキャストは1月26日、ケーブルテレビ(CATV)会社のスターキャット・ケーブルネットワークと山陰ケーブルビジョン、CATVコンサルティングサービスのアイ・ねっとと共同で、「Yahoo! JAPAN」のインターネットコンテンツを加入者宅へ配信する実証実験を開始した。

ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0901/26/news075.html

詳細はリンク先まで。
PanasonicのVIERAがYoutubeを標準でサポートしたりアクトビラがテレビ向けにオンデマンド動画配信サービスを提供したりと、テレビがITの受信機として使われるケースが増えてきました。
AppleもAppleTVを発売してから数年経ちます。
あとはauがau BOXというセットトップボックスを発売したり。
前にも書きましたが、家庭におけるマルチメディアの主役がパソコンからテレビに変わるかも知れません。

インターネットの出現によってテレビは崩壊するか?とか、放送と通信の覇権争いという構図が度々出てきます。
情報伝達技術として放送と通信の対決というがもあると思いますが、それを送受信するハードウェア側の対決もあります。
最近はテレビチューナを内蔵したパソコンが目につくようになりましたし、前述の通りテレビでITを活用する動きも増えてきました。
これにケータイやスマートフォンが加わると、本当にこの先情報通信の形がどのようになるのか予断を許しません。
一つ言えることは、今の形がいつまでも続くとは限らないということ。
パソコンが苦手だと言う人も諦める必要はないと思います。
ケータイがそうであるように、今はパソコンが使えなくてITの恩恵をこうむることが出来ます。
今後、もっと簡単にITが使えるようになると思います。
デジタルデバイドや情報格差というものが無くなるよよいと思います。



posted by daemonjob at 22:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yahoo!をCATVで配信、メディアキャストら実施へ

メディアキャストは1月26日、ケーブルテレビ(CATV)会社のスターキャット・ケーブルネットワークと山陰ケーブルビジョン、CATVコンサルティングサービスのアイ・ねっとと共同で、「Yahoo! JAPAN」のインターネットコンテンツを加入者宅へ配信する実証実験を開始した。

ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0901/26/news075.html

詳細はリンク先まで。
PanasonicのVIERAがYoutubeを標準でサポートしたりアクトビラがテレビ向けにオンデマンド動画配信サービスを提供したりと、テレビがITの受信機として使われるケースが増えてきました。
AppleもAppleTVを発売してから数年経ちます。
あとはauがau BOXというセットトップボックスを発売したり。
前にも書きましたが、家庭におけるマルチメディアの主役がパソコンからテレビに変わるかも知れません。

インターネットの出現によってテレビは崩壊するか?とか、放送と通信の覇権争いという構図が度々出てきます。
情報伝達技術として放送と通信の対決というがもあると思いますが、それを送受信するハードウェア側の対決もあります。
最近はテレビチューナを内蔵したパソコンが目につくようになりましたし、前述の通りテレビでITを活用する動きも増えてきました。
これにケータイやスマートフォンが加わると、本当にこの先情報通信の形がどのようになるのか予断を許しません。
一つ言えることは、今の形がいつまでも続くとは限らないということ。
パソコンが苦手だと言う人も諦める必要はないと思います。
ケータイがそうであるように、今はパソコンが使えなくてITの恩恵を授かることが出来ます。
今後、もっと簡単にITが使えるようになると思います。
デジタルデバイドや情報格差というものが無くなるよよいと思います。



posted by daemonjob at 22:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

雑談。

1月16、17日にX JAPANの香港公演がありました。

日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20090118-451174.html

X JAPANとしてはこれが初の海外公演になります。
2日間で2万人を動員したそうです。
解散して10年以上経った今、国外でこれほどのファンを動員出来るというのは凄いことです。

92年8月に世界デビューを発表したものの、97年には解散。
その人気と実力から言えば海外進出は充分に期待が持てるものでしたが、hideの不慮の事故などもあり、実現することなくこのまま終わるのだと思っていました。
それがついに、発表から実に16年半もの歳月を経て、先日16、17日に海外公演が実現しました。

3rdアルバム「DAHLIA」の長期間におよぶレコーディング、そのことによるレコード会社との関係の悪化、VoのTOSHIの脱退、バンドの解散、hideの不慮の死など、様々なことがありました。
これだけのことがあったにも関わらず、また解散から10年という長い時間が経過していることなどを考えると、今回の世界ツアーの実現はまさに奇跡を言っても良いと思います。
X JAPANの音楽に対する妥協のない姿勢、質の高い作品、感動のライブパフォーマンス、そういったバンドの音楽に対する真摯な態度がファンを動かし、また、ファンの熱烈なサポートにより今回の世界ツアーが実現したという事実。
バンドにとってのファンの存在の大きさ、また、ロックとはバンドとファンの両方で作り上げていくものなのだと思いました。

この先のスケジュールは決まっているものとそうでないものがあるようですが、全公演が成功してツアーを終えることが出来るよう願っています。
国内ツアーの予定もあるようなことを以前耳にしたのですが、もし実現するならまた観に行きたいです。
posted by daemonjob at 22:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

森博嗣先生。

天気の良い日曜日。
特に何もなく、午後から近所のヨーカドーへ散歩がてら買い物へ行ったくらい。
お正月最後の休みとあってか、凄い混雑でした。

特に何もない一日だったのですが、ちょっとした節目を迎えました。
去年、押井守監督によって映画化された「スカイ・クロラ」の原作者としてもお馴染みの、僕が尊敬する作家の森博嗣先生のブログが今日で終了しました。
森先生は、今後一切ウェブ上のでブログや近況報告などは行わないことを以前から宣言されていて、今日その日を迎えたのです。

森博嗣先生は1996年「すべてがFになる」で第一回メフィスト賞を受賞。
これにより作家デビュー。
そして、その年の8月からインターネット上で日記を公開。
年代から察しがつくと思いますが、当時、まだインターネット自体がマイナなメディアであり、作家がオフィシャルサイトを立ち上げたりネット上で日記を公開することはとても珍しいことでした。
森先生は作家デビューされる前は、名古屋大学の工学部の助教授されていました。
先生の主な研究はコンピュータを使った数値解析で、パソコンやITに造詣が深く、それがネット上での活動に結びついたのだと思います。

もう忘れてしまいましたが、僕が森先生のファンになったのは99年の終わりから2000年の初頭の頃だったと思います。
仲の良い従兄弟から勧められて、デビュー作の「すべてがFになる」を読んだのがきっかけでした。
「F」が結構面白かったので、続いて二作目の「冷たい密室と博士たち」をすぐに最寄りの書店で購入。
その後読むのが止まらなくなり、2週間くらいで初期のS&Mシリーズ10作を一気に読んでしまいました。

僕がインターネットを始めたのは99年の5月の末ことです。
ネットを始めてまもなくして、森先生のオフィシャルサイトの存在を知り、そこで書かれていた日記を読むのが僕の日課になりました。
途中、日記の公開は中断され、ファンクラブ限定の小さな近況報告に変わったり、週に一回の連載になったりと形が変わったものの、僕は先生の日記の存在を知ってから今日まで、ほぼ毎日森先生の書かれた文章を読んできました。
毎日更新される新たな文章を、毎日読んできました。
それが今日、終わりを迎えたのです。

森先生との出会いは、僕の人生の一つの転機になりました。
とても多くの影響を受けています。
まだ小説やエッセイなどの執筆はされるので、先生曰く普通の作家に戻るだけだ、ということですが、前述の通り、この8〜9年くらいの間、先生が書かれる新たな文章を毎日欠かさず読んできた僕としては、一つの節目を迎えたという気分です。

始まりがあれば終わりがあるわけで、少し寂しい気持ちですが、来るべきものが来ただけなので、心を新たにこの2009年を過ごしていきたいと思います。

ちなにみ、僕が日記を書く際、例えば”メンバ”や”ナンバ”、”メジャ”などの表記はJIS規格で定められた表記で、3文字以上で元の英語の最後が”er”または"or"で終わるものには”ー”は付けないという決まりがあります。
このことを知ったのは森先生の文章からでした。
posted by daemonjob at 23:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。