2009年02月19日

iPhoneアプリ「セカイカメラ」近日リリース。

頓智・がiPhone向けアプリケーション「セカイカメラ」を、2月17日から2月19日まで開催されていたファッション展示会「rooms」で初披露した。
セカイカメラとは、「エアタグ」と呼ばれる情報を目の前の空間に登録したり、それをiPhoneの画面越しに見たりできるアプリケーション。現実の空間にインターネット上の情報をオーバーレイできる仕組みを実現する。

CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20388534,00.htm

セカイカメラのことは以前から知っていました。
面白そうだしITの新しい形を提示するものでもあるので、実用化される日を楽しみに待っていました。
記事によるとまだ3%程度の達成度だそうですが、とりあえずリリースして、後は使いながら育てていくそうです。
まだ具体的な日にちは判りませんが、リリースされたら使ってみたいです。


やはりiPhoneは面白い。
アップルの製品はクリエイターの創作意欲をかき立てる魅力があるんですよね。
アンビエント・ミュージックの第一人者としても有名な、音楽家のブライアン・イーノがBloomという画期的な音楽アプリを作っています。
アップルの製品を使っていると、創造性溢れる体験をすることが出来るから好きです。
僕にとってアップル製品は、単なる工業製品ではなくアイデアを刺激してくれるクリエイティブツールでもあり、時代の最先端に導いてくれるナビゲータです。



posted by daemonjob at 22:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。