2009年05月07日

ATAK NIGHT4に行ってきました。

5月3日深夜から行われた、音楽家渋谷慶一郎氏が主催するレーベルATAKのイベントATAK NIGHT4に行ってきました。
場所は代官山unit。

ATAK NIGHT4
http://www.unit-tokyo.com/schedule/2009/05/03/090503_atak.php

ATAK 渋谷慶一郎
http://atak.jp/

とても収穫の多いイベントでした。
まずは、とにもかくにもイベントに参加出来たこと。
前回のATAK NIGHT3の模様を収めたDVDがとても良かったので、一度実際に体験してみたいと思っていました。
それ以外にも、現在73歳で今なお現役の音楽家刀根康尚氏のライブも観ることが出来ました。
スペシャルゲストとして登場したのが、現代音楽家の高橋悠治氏。
高橋氏も1938年9月生まれで現在70歳という大ベテラン。
お姿を拝見出来るだけでもスペシャルなのに、イベントではこのお二人のセッションという、これまたスペシャルなパフォーマンスを披露して下さったので本当に良かったです。
出演者は上記の他、イベント主催者である渋谷慶一郎氏、只今個展を開催中の池田亮司氏、自らportというレーベルを主催しているevala氏という面々。
出演陣がこんなに豪華なイベントは世界的に見ても類がないと思います。

出演陣がスペシャルである他に、今回は8本のスピーカで会場を包囲するセッティングで行われ、通常のセッティングでは再現不可能な体感度の高いパフォーマンスが続きました。
このアイデアを出したのは刀根氏とのことで、氏のパフォーマンスは音が縦横無尽に飛びまわる面白いものでした。
刀根氏の時は会場のライトが点灯し明るい中で行われました。
これは珍しいことです。
どんな意図があったのかは僕には判りませんでしたが、視界が開けるだけで音に対する印象がかなり違うと感じました。
クラブで電子音という無機質な音を聴いていると閉塞感を感じることがあるのですが、中が明るいと安心して音を聴くことが出来ました。

刀根氏の次に高橋悠治氏が登場しセッションへ。
このセッションが最高に良かった。
個人的には今回のベストアクトです。
刀根氏による電子ノイズに高橋氏がシンセを使って即興で合わせるのですが、そのシンセの使い方が斬新かつ絶妙で驚きと共に感動しました。
シンセは鍵盤付きのものを使用し(確証はありませんが、恐らくNord Liead)、鍵盤と各種のコントローラを駆使して刀根氏の出すノイズととても良くあう音を即興で出していました。
コントローラも使うのですが、とにかく鍵盤の演奏のしかたが絶妙。
出てくる音も刀根氏の出すノイズにしっかりと合っている。
僕は長年鍵盤楽器を弾いてきたので、余計に衝撃を受けたのかも知れません。
鍵盤を使ってこれ程柔軟な音を出しているところは見たことがありませんでした。

池田氏は貫禄のプレイでした。
氏のコンサートは、本人がステージに上がらない形で行われるという変わったスタイルなのですが、今回はステージに上がってライブをやってくれました。
バックには氏のトレードマークとも言える白と黒を基調とした映像が映しだされ、いつもより少しビートを効かせたクラブ仕様のパフォーマンスをしてくれました。
池田氏はとにかく音が良い。
キャリアが長いこともそうですが、もともとエンジニアだった人なので音質に関しても一流です。
エレクトロニカや音響系の醍醐味である音そのものの魅力や表現力を存分に堪能出来ました。

渋谷氏のパフォーマンスも、とにかく音が素晴らしい。
音そのものの力を体で感じることになりました。
8チャンネルのスピーカを使って会場全体を包み込むような音を出していました。
超がつく高解像度の音を爆音で出しているにも関わらず、うるさく感じることはなく、音の洪水に飲み込まれている状態がなんとも気持ち良いと感じました。
とにかく音の存在感が凄い。
渋谷氏は映像を使わずに音だけのパフォーマンスでしたが充分に楽しめました。
ここまで体感度が高いとライブというよりテーマパークのアトラクションといったほうが良いかも知れません。
とても良かったです。

ライブは午前3時頃に終了。
残りの時間はDJでした。
CDやTシャツなどの物販コーナに刀根氏が居て、笑顔でファンやスタッフと話をしていました。
やっている音楽が凄まじいので、勝手に気難しい人だと思い込んでいたのですがそうではないようです。
ちょっと安心しました。
それにしても、70歳を過ぎても徹夜のイベントに参加するとは恐れ入ります。

5月20日にリリース予定のATAKの新作CDが先行で販売されていたので買ってきました。
i8uとTomas Phillipsといアーティストの共作です。
僕はどちらも初めて知る人です。
ATAKのCDはパッケージのデザインがお洒落なところが好きです。

待望のATAK NIGHTを初体験。
しかも出演陣が豪華。
電子音楽の最前線を知ることが出来た有意義な一夜でした。
posted by daemonjob at 22:34| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

X JAPANのライブに行ってきました。

2009年5月2日 
X JAPAN WORLD TOUR Live in TOKYO 無敵な夜

X JAPANのライブに行ってきました。
天気も良くて暖かく気持ちのよい日でした。
ライブは屋内なので天気は関係ありませんが、始まる前にドーム前で時間を潰すのも楽しみのうちなので、晴れてくれて良かったです。
去年の復活ライブは大アクシデントに見舞われ残念なライブになってしまったので、今年こそはと期待と不安に胸を膨らませて開演時間を待ちました。

今回は二階席でした。
今までずっと一階席で観てきたのでステージまでの距離など気になる部分があったのですが、眺めは悪くありませんでした。
確かにステージからの距離は遠いものの、今まで経験していない視点でライブを観られたのでかえって良かったと思っています。
それに、X JAPANのライブは音楽とメンバのパフォーマンスに迫力があるので、会場のどこにいても楽しめます。
僕はライブが始まる前のドームの雰囲気が好きなので、自分の席に座ってその雰囲気を味わって開演を待ちました。
ライブは18時20分頃に始まりました。
20分ほど遅れましたが、だいたい予定通りです。
去年のことがあったので、始まった時は嬉しさと同時に安心したといった気持ちでした。

ライブは最高に格好良かったです。
去年同様、The Last Songのオーケストラアレンジから始まってRusty Nailへ。
順調にライブは進み、終わったのは9時40分頃。
3時間以上やりました。
大きなトラブルもなく、最高のパフォーマンスを見せてくれました。
以下に思いつくままに書きます。

僕が知ってるX JAPANが、そっくりそのままの形で目の前に現れた。
そんな印象を受けました。
YOSHIKIは暴れるようにドラムを叩くし、TOSHIは絶叫して客を煽りステージを走り回る。
HIDEの映像が映ると一際大きな声援が上がり、まるで本人がそこに居るようでした。
タイムスリップして、10年前のX JAPANがそこにいたと感じました。
メンバはみんな40代(SUGIZOは30代かな?)であることを考えると驚異的です。
若い時に後先考えずに作った、ハイスピード/ハイテンションの曲の数々をまるで当時の彼らのように演ったのです。
本当に信じられない。
凄いものを見せてもったし、存分に楽しませてもらいました。

このライブの直前に、LUNA SEAのSUGIZOが正式メンバとして加入したことが明らかになりました。
ライブの中では特にそのことには触れず、2日のライブに関してはあまり普段と変わらない内容でした。
SUGIZOの持ち味が発揮されるのはライブを重ねていった後になるのかも知れません。
そんな中でも、この日は彼が得意としているバイオリンの演奏を披露してくれる一幕がありました。
DAHLIAを演奏する前に、YOSHIKIのピアノにSUGIZOがバイオリンを合わせ、TOSHIが曲のサビを歌いました。
これはとても綺麗で今までに無い演出でした。
上手に活かせば面白いことが出来そうな可能性を感じました。
今後に期待です。

5月2日はhideの命日です。
ライブも全体的に追悼の色のある内容になりましたが強く出ていた訳ではなく、折に触れてHIDEの映像を出したりTOSHIがMCで軽く触れるという感じでした。
ただ、Without Youを歌った時はかなりしんみりした雰囲気になりましたけど。
やはり、失ったものと悲しみの深さは計り知れないです。

新曲が一曲披露されました。
JADEという曲名です。
リリースには言及しませんでした。
いつか音源化して欲しいです。
今回は新曲が発表されたし、I.V.も去年より良い演奏が聴けたしVIOLET UKのショーも観れたので良かったです。
上で昔と変わらないX JAPANということを書きましたが、ただ変わらないだけではなく、新しい要素も加わり昔よりパワーアップしたライブでした。
本当に復活してくれて良かったと思います。

さてさて、去年の雪辱を晴らし、やっと現在進行形のX JAPANを観られたわけですが、この先バンドはどこへ行くのか?どこまで行くのか?何をするのか?
興味は尽きません。
まだしらばらくはX JAPANと共に生きていくことになりそうです。
終わるにしても続くにしても、ファンとしては少しでも良い形で実りの多い活動になることを切に願います。
…願うのみじゃない。
音源が出れば買うし、ライブをやればまた観に行く!!!
僕もまだ終わりじゃありません。

少しですが写真です。
http://picasaweb.google.co.jp/daemonjob/X_JAPAN_200952?authkey=Gv1sRgCIbWoa-KnMrlLg#
posted by daemonjob at 22:37| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

GOEMON観てきました。

violet_uk_rosa.jpggoemon_1.jpggoemon_2.jpg

紀里谷和明監督江口洋介主演の映画「GOEMON」を観てきました。
場所は丸の内ピカデリー1。

丸の内ピカデリーは3月に「おくりびと」と観て以来2ヶ月ぶり。
前回もそうしましたが、オンラインでチケットが買えるので便利です。

「GOEMON」の主題歌はYOSHIKIのプロジェクトVIOLET UKが担当しています。
それにちなんで、全国の映画館でVIOLET UKスペシャルCDを配布するという企画が行われています。
VIOLET UKの音源がCD化されるのは今回が初。
CDは主題歌「ROSA」とYOSHIKIと紀里谷氏のトークが収録されていました。
「ROSA」のフルバージョンはアップルのiTSで配信されていて、僕は昨日買いました。
とても壮大で力強いバラード曲です。
石川五右衛門が主人公だと聞いて僕は娯楽色の強い冒険活劇を予想していたので、この壮大なバラード曲には違和感を感じたのですが、映画を観て納得しました。
五右衛門がひょんなことから南蛮製の箱を盗んでしまったことから、時の権力者達の天下を賭けた戦いに巻き込まれ、五右衛門の知られざる過去が徐々に明らかになっていくという内容。

織田信長というカリスマ性を持った人物が亡き後、権力争いによって混沌とする世界、楽市楽座により富める者と貧しい者の格差が広がるという部分は、どこか現代に通じるものがあるというか、今の世相を反映したかのような雰囲気がありました。
紀里谷氏というと、CGを駆使した映像表現に目がいきがちですが、人間の業とか宿命とかそういったものを描くことを忘れていないところは流石だと思います。
CGも、もちろん凄くてアクションシーンはとても見応えがあるものでした。
でも、それだけに留まらず、しっかり映画として成立しているというか、単純に格好良い映像を作りたいだけではないということが伝わってきたので良かったです。

今回、この「GOEMON」を観ようと思ったのは、紀里谷氏に対する期待もあるのですが、YOSHIKIファンの僕としてはVIOLET UKが主題歌を担当したというのが大きいです。
実は、運良く明日行われるX JAPANの東京ドーム公演のチケットが取れました。
VIOLET UKとX JAPANとYOSHIKIファンには盛りだくさんのGWになりそうです。
posted by daemonjob at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。