2008年07月29日

iMac+iPhone??



HP社のWindows vistaマシンHP touchsmart PCです。
タイトル通りOSX10.5搭載のiMac+iPhoneみたいなWindowsマシンです。
英語の動画ですが、映像を見ていれば大体の雰囲気は掴めますよね。
iPhoneの登場によりマルチタッチスクリーンを採用したハードウェアが続々と製品化されていますが、とうとうデスクトップPCにも現れました。
既に一般発売されていてテレビCMも流れています。
もちろん日本でも購入可能。

なんか、久しぶりにWindowsマシンで欲しいと思えるものに出会った感じ。
もっとも、ハードウェアのデザインはiMac風だしOSもMac OSX10.5に似てるし、斬新さに欠けますが。
でも、安いモデルで約14万円とお買い得な価格なので、う〜ん…欲しいかも。

Appleがやると、他の企業がAppleのマネをする。
少し前の話になりますが、OSXでジニーエフェクト(ポインタがアイコンに重なるとアイコンが巨大化するエフェクト)を採用した時、似たようなエフェクトを使ったウェブサイトが多数現れたり、検索機能を強化したらGoogleがGoogleサジェストを始めたり、iPodやiTunesは似たような製品やソフトが氾濫したり、iPhoneの登場によりマルチタッチスクリーンを搭載したケータイやスマートフォンが開発されたり…。

僕が思うAppleの製品を使う最大のメリットは時代の先取りが出来るということ。
その時間的アドバンテージはとても貴重だと思います。
時間はお金では買えないですし、もとに戻す事も出来ないですから。
iPhoneは賛否両論で、使いづらいとか日本のケータイと比べてあれが無いとかこれが無いとか言われてますが、個人的には全く問題なし。
時代を先取り出来るというアドバンテージはなにものにも代え難いものだと思っています。
実際、特に使いづらいとか使えないとか思うこともないし、電話として、メールとして、ネット端末として、iPodとして快適に使っています。
posted by daemonjob at 22:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103832654

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。