2008年10月25日

iPhoneでMS Word、Excel。

モバイルプラットフォーム向けにマイクロソフト Officeソリューションを提供しているDataViz社が、iPhoneに対応したアプリを開発中と発表しています。

iPhone・iPod touch ラボ
http://ipodtouchlab.com/2008/10/post-12.html

まだ開発中ということで完成はしていませんが、これは欲しいですね。
Mac版Officeもあるので、パソコンとiPhoneでファイルのやり取りとか出来たらかなり便利だと思います。
僕はMacがビジネス用途で有用だと考えているし、iPhoneはエンタープライズでの使用を初めから視野に入れていると思われます。
iPhone+Macでビジネスの場でAppleの製品が使われることに期待します。

少し関連があるでしょうか?こんな記事を見つけました。

米下院議員らが、議会に「iPhone」の導入を要請

米国の議会議員らが、iPhoneの導入を強く求めているようだ。
Chief Administrative Office(CAO)によると、米下院は、議員からのiPhone導入の要請を受け、同機の導入に向けた試験を実施しているという。TheHill.comが報じている。
現在、米国議会では無線通信手段としてBlackBerryが使用されているが、どうやら議員や議会職員らは無線通信のもう1つの選択肢としてiPhoneの導入を陳情しているようだ。

CNET Japan
http://japan.cnet.com/apple/story/0,2000076557,20382530,00.htm

アメリカでは国会議員がBlackBerryを使っているそうです。
それに加えてiPhoneも使えるようにしてほしいと議員から要望があるそうです。
なんか…格好良いでね(笑)。
日本でも国会議員に携帯電話の支給とかあるのでしょうか?
ありそうですね、知りませんけど。
もし、iPhoneがアメリカの国会議員に使われるようになれば、それに合わせて政治家の仕事に有用なアプリがAppStoreで販売されたりするかも知れません。
そういったものが一般向けに最適化されて広く使われたりとか。
アメリカの話ですけど、ちょっと興味をそそられる話です。


 
posted by daemonjob at 23:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108608053

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。