2009年03月18日

iPhone次期OSが発表される。

今日開催されたアップルのイベントで、iPhoneの次期OS、iPhone OS 3.0が発表されました。
開発者向けのSDKは本日より公開。
iPhone OS 3.0は今年の夏頃にリリースされる予定だそうです。

iPhone・iPod tochラボ
http://ipodtouchlab.com/2009/03/iphone-os-30-2.html

今回のバージョンアップで、100以上の新機能が搭載されるそうです。
主なものを以下に抜粋。

カット/コピー&ペースト機能
Spotlight(端末内検索機能)
MMSのサポート
BluetoothのA2DPサポート
多くの標準アプリでランドスケープモード対応
カレンダーのCalDAV対応
メモのiTunesシンクロ

最大の目玉はカット/コピー&ペースト機能でしょうか。
これは多くのユーザにとって待望の機能でしょう。
そして、BluetoothのA2DPもリクエストが多かった機能だそうです。
僕も上記二つの機能はとても嬉しいですが、個人的に注目したいのは検索機能が強化されたことです。
僕はマックユーザですが、Mac OSXの、OSとしての基本機能が高いと感じていて大変満足しています。
具体例を挙げるとキリが無いので書きませんが、その中の一つが検索機能です。
Mac OSXの検索機能は強力で便利なので多用しています。
インクリメンタルサーチなので素早い検索か可能です。
ですので、今回のiPhone OS 3.0でSpotlightが追加されたことはとても嬉しいです。
単純に便利だとういうのと、アップルっぽさを感じる機能なので。

ちなみに、以下に記すのは開発者向けに公開されたAPIの一部です。

アプリ内での決済
Bluetoothによるペアリング不要のP2P接続
アプリへのプッシュ通知
マップのアプリ内利用
周辺機器との通信、制御
iPhone/iPod touch内の音楽ライブラリーアクセス

今後、これらの機能を利用/搭載したアプリや周辺機器などが開発されることになります。
例えばアプリ内での決済が可能になれば、ゲームアプリで追加のステージを有料販売することや、電子コミックアプリで続刊をアプリ内で販売するなどのサービスが考えられます。
iPhone/iPod touch内の音楽ライブラリーアクセス機能を使えば、本体にある音楽データを使ったDJアプリや、標準のiPod機能とはまた違った新しい音楽再生アプリの開発なども考えられます。
今後、これらのAPIを活用した新しいアプリが開発され、ユーザのことをより一層楽しませてくれることになるでしょう。

今回のアップデートが実行されれば、日本のケータイと比較した時の不足部分を補いなおかつiPhoneにしかないオリジナリティがより強調されることになるでしょう。
もしかしたら、iPhoneの真の快進撃はこれから始まるのかも知れません。



posted by daemonjob at 23:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115870811

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。