2009年05月01日

GOEMON観てきました。

violet_uk_rosa.jpggoemon_1.jpggoemon_2.jpg

紀里谷和明監督江口洋介主演の映画「GOEMON」を観てきました。
場所は丸の内ピカデリー1。

丸の内ピカデリーは3月に「おくりびと」と観て以来2ヶ月ぶり。
前回もそうしましたが、オンラインでチケットが買えるので便利です。

「GOEMON」の主題歌はYOSHIKIのプロジェクトVIOLET UKが担当しています。
それにちなんで、全国の映画館でVIOLET UKスペシャルCDを配布するという企画が行われています。
VIOLET UKの音源がCD化されるのは今回が初。
CDは主題歌「ROSA」とYOSHIKIと紀里谷氏のトークが収録されていました。
「ROSA」のフルバージョンはアップルのiTSで配信されていて、僕は昨日買いました。
とても壮大で力強いバラード曲です。
石川五右衛門が主人公だと聞いて僕は娯楽色の強い冒険活劇を予想していたので、この壮大なバラード曲には違和感を感じたのですが、映画を観て納得しました。
五右衛門がひょんなことから南蛮製の箱を盗んでしまったことから、時の権力者達の天下を賭けた戦いに巻き込まれ、五右衛門の知られざる過去が徐々に明らかになっていくという内容。

織田信長というカリスマ性を持った人物が亡き後、権力争いによって混沌とする世界、楽市楽座により富める者と貧しい者の格差が広がるという部分は、どこか現代に通じるものがあるというか、今の世相を反映したかのような雰囲気がありました。
紀里谷氏というと、CGを駆使した映像表現に目がいきがちですが、人間の業とか宿命とかそういったものを描くことを忘れていないところは流石だと思います。
CGも、もちろん凄くてアクションシーンはとても見応えがあるものでした。
でも、それだけに留まらず、しっかり映画として成立しているというか、単純に格好良い映像を作りたいだけではないということが伝わってきたので良かったです。

今回、この「GOEMON」を観ようと思ったのは、紀里谷氏に対する期待もあるのですが、YOSHIKIファンの僕としてはVIOLET UKが主題歌を担当したというのが大きいです。
実は、運良く明日行われるX JAPANの東京ドーム公演のチケットが取れました。
VIOLET UKとX JAPANとYOSHIKIファンには盛りだくさんのGWになりそうです。
posted by daemonjob at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118424364

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。