2008年03月27日

YouTubeに初の音楽著作権包括許諾。

L'Arc-en-Cielやスピッツ、ミスチルなどの有力アーティスト楽曲を管理するJRCが、YouTubeと著作権の包括利用許諾契約を結んだ。JRC管理楽曲をユーザーが演奏してYouTubeに公開することが合法的にできるようになる。音楽著作権管理事業者によるYouTubeへの包括利用許諾は国内初。最大手・JASRACより一足先に実現。

IT media
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/27/news064.html

詳細はリンク先をご覧下さい。

上記のとおり、この契約によりYouTubeユーザに新しいメリットが発生すると共に、これはミュージシャン側にもメリットがあります。
あまり知られていないことですが、レコード会社と契約を結んでいるミュージシャンは自分の楽曲と言えど自由に使う事は出来ません。
契約の形式/内容にもよりますが、著作権をレコード会社のほうへ譲る場合が多いからです。
ですので、たとえ作曲者だとしても自由にネットに自作曲をアップ出来ないのが現状ですが、今回の包括契約で作曲者本人が自由に楽曲をYouTubeにアップ出来るようになります。
これからはJRCに委託しているアーティストがYouTube上に公式チャンネルを開設することも可能で、既に具体的な計画が上がっているそうです。

JRCは2000年12月に設立された新しい音楽著作権管理事業者で、分配データの透明性やネット配信をはじめとする時代の流れに合った著作権管理の実施などを謳っています。

JRCのサイトを見たら、有名アーティストが多数委託していました。
これらのアーティストの楽曲全てに使用許諾が出たことになります。
時代にあった音楽の楽しみ方が出来るようになるのは良いことだと思います。

のど自慢、腕自慢はYouTubeに投稿してみてはいかがでしょうか。

JRC ジャパン ライツ クリアランス 公式
http://www.japanrights.com/
posted by daemonjob at 21:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91261281

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。